トラブル例

トラブル例

TOPページ 一人暮らしの基礎知識 > トラブル例

 

トラブル例


◆自分の身は、自分で守ろう!

一人暮らしをしていると、さまざまなトラブルに見舞われます。とっさの時のために、チェックしておいてくださいね。

●緊急事態

一人暮らしでは、いつ何時、なにが起こるかわかりません。
緊急事態のときに備えて、携帯電話には最寄りの交番や警察署、消防署などの番号をあらかじめ入れておきましょう。

また、警察は110番、消防署・救急車は119番です。
パニックになると、どっちがどっちか分からなくなるものですので、語呂合わせなどで確認しておきましょう。

●ご近所づきあい・騒音

はじめて一人暮らしをはじめた人が、もっとも気になるのはこの騒音に関するものでしょう。自分が騒音の加害者になるケースと被害者になるケースの両方がありますので、チェックしてみてください。

○騒音に気をつけよう

一人暮らし用につくられたアパートやマンションでは、予想以上に他の部屋にまで音が響いてしまっています。

まして、初めての一人暮らしにうかれてしまって、深夜まで音楽を大音量で聴いたり、夜更けまでドンチャン騒ぎしたりなどは止めましょう。他の部屋にも、またご近所にも住民がいることを忘れずに。あなたのご実家が周囲をうるさくされたら、どんな気持ちになりますか?

また、自分がこうした騒音に加担しないよう、うるさいかも知れないな、と思ったら、友達といえど、やんわりとたしなめることも必要です。

音楽が好きな人は、質のいいヘッドホンを買ってもいいでしょう。

○騒音の被害者になったら

周りの住人の騒音がうるさくて眠れない、などの被害があったときには、まず大家さん(管理会社)に相談しましょう。直接注意すると、双方が感情的になってしまい、事態が悪化することがあるからです。

とくに女性の一人暮らしでは、この方法を取ったほうが無難です。

●勧誘・訪問販売編

とくに都心の一人暮らしで悩まされがちなのが、新聞などの勧誘・訪問販売です。

場合によっては、部屋に上がりこもうとするような悪質なものもありますので、充分気をつけてください。

対策としては、安易にドアを開けないことが一番ですが、もし納得していないのに強引に契約させられてしまったら、即座にクーリング・オフの手続きをとりましょう。

クーリング・オフは、(新聞などの訪問販売であれば)契約から8日間の期間が認められています。

また、さらに悪質な訪問販売の被害にあったら、クーリング・オフはもちろんのこと、各都道府県「消費者センター」や「国民生活センター」に相談しましょう。

●防災・防犯編

あらためて、火の始末やカギのかけ忘れなどに注意してください。
また、注意していても空き巣などの被害にあうこともあるため、大家さんや管理会社の許可をえて"二重カギ"を取りつけたり、"防犯フィルム"を窓に貼っておいたりするのも良いと思います。


☆一人暮らし・ワンポイントアドバイス(5)挨拶のススメ

現代では"引っ越しそば"などの習慣も薄れてしまいましたが、個人的には、一人暮らしの初期において、近所へのごあいさつは重要だと思うのです。

マンションなどでも、自分の部屋の上下左右の人には、できれば挨拶して対面しておきたいものです。相手の姿がみえないと人は感情が表面に出がちですが、対面しておくことでお互い理性的になれるからです。

ただ、女性の一人暮らしでは防犯上の心配がある向きも考えられます。

この場合は、安易に部屋番号などを明かさず、あいまいに「ご近所に引っ越してきました○○ですが」とするか、または、(一人暮らしでない可能性を匂わせるため)家族か友達と一緒に挨拶回りに行くとよいでしょう。

ページトップへ↑