マトメのススメ

マトメのススメ

TOPページ 一人暮らし満喫のコツ > マトメのススメ

 

マトメのススメ


ここでは、いろいろなことを「まとめる」ことで、一人暮らしの生活や自己管理をしやすくする方法をご紹介します。

これまで、流されるままテキトウに日々の生活を送ってきた人は、一人暮らしでぜひそれを改める努力をしてください。完璧でなくてもかまいません。努力の姿勢が重要です。
でないと、将来結婚したときなどに、必ずパートナーから苦情を受けますよ!

◆緊急連絡先をまとめておこう!

近場の親戚や、最寄りの警察署・消防署・役所、またかかりつけの病院・クリニックなど、急を要するときのための連絡先は、あらかじめまとめて書きだしておきましょう。
実家の電話番号なども書きそえて、部屋にくる友達などにも分かりやすくしておくのもいいかもしれません。一人暮らしでは、とにかくいつ何が起こるかわかりませんので、いざというときに最短で連絡をとれるようにしておきましょう。

携帯電話のメモリにこれらを入れていてもいいのですが、電池が切れたときなどを考えると、やはり1枚は紙に書きだしておいたほうが良いと思います。

◆保証書や取扱説明書などをまとめておこう!
家電の保証書や取扱説明書などは、まとめてケースに入れておくと役立ちます。
こうしたものを捨ててしまう人も多いと思うのですが、保証書は故障したとき修理サービスを受けるために必要ですので、重要な家電については保管しておきましょう。
また、賃貸の契約書や保険証書なども、まとめて保管場所をハッキリさせておきましょう。

◆スケジュールをまとめよう!
書きこみができる壁掛けカレンダーもオススメです。
スケジュール管理というと手帳が一般的ですが、開いたりめくったりする必要がなく、壁に目をやれば予定がすぐわかる、書きこみ欄の大きなカレンダーはひとつあると便利ですよ。目につきやすいところに掛けて、ゴミの日や、大まかな予定を書きこんでおきましょう。また、思いついたらすぐに書きこめるよう、ペンを一つぶら下げておくのも有効です。

また、忘れっぽい人は買い物などの予定もメモ書きにして、冷蔵庫など目につくところに貼っておくといいのですが、メモ帳とペンを探さなくてもいいよう、いつでもセットにして置いておくのがポイントです。


◆とにかく、何でもまとめるクセをつけよう。
洗い物、ゴミ、出さなくてはならない郵便物など、生活全般において、こまめにまとめるクセをつけておきましょう。
たとえば、ご飯を食べ終わった食器はテーブルの上に放置せず、すぐに流しに持っていくことです。すぐに洗わなくてもかまいませんが、一ヶ所にまとまっていることで、格段に処理がしやすくなるのです。

ゴミが出たときも同様です。あたりまえですが、すぐにゴミ箱に入れましょう。
めんどくさがりの人は、ゴミ箱の数自体を増やしてください。テーブルの横にひとつ、ベッドの横にひとつ、キッチンにひとつ、トイレにひとつ、など。
遠くのゴミ箱をねらってシュートすることがなくなります。一人暮らしでは、シュートが外れたとき、再びそのゴミを片付けるのはあなたしかいません。

とにかくこまめに後の行動を前倒ししておくのが、一人暮らしをスムーズに、キレイに保つコツです。

☆一人暮らし・ワンポイントアドバイス(12)まとめは、こまめに。
生活をスムーズに気持ちよく送るためには、こまめな片付けが一番です。これは一人暮らしに限ったことではありませんが、一人暮らしではとくに大切です。
たとえば新しく家電を買ったとき、その家電にスイッチをいれるまえに、梱包の段ボールつぶしや保証書をファイルに入れる作業を、ちょっとすませてしまう、といった具合です。

よく「自分は爆発力があるから、大丈夫」と、いろいろなことを後回しにしてしまう人がいますが、作業が大変になればなるほど、無意識下に"つらい"という思いが植えつけられてしまい、しだいに作業自体が「つらいもの、嫌なもの」という認識ができてしまいます。
本人だけは「いざとなれば出来る」と思っていますが、その「いざ」がいつまでたっても来ません。
大きな負担を避けるために、小さな負担を積み重ねたほうが、結局はラクなのです。

とはいえ、私もなかなか出来ていないので、皆さんと頑張りたいと思います!

ページトップへ↑