散歩のススメ

散歩のススメ

TOPページ 一人暮らし満喫のコツ > 散歩のススメ

 

散歩のススメ


さて、引越し作業が済み、いよいよ一人暮らしの始まりです!
新居に引越した一人暮らしの人が、まず行ったほうが良いもの。それは「散歩」です。
散歩の目的は、気分転換のみならず、ご近所の地理を把握することにもあります。
天気のいい日には、ぜひ散歩をしましょう。
ただ、楽しすぎてあまり遠くまで行かないようにしてくださいね。帰るのが大変です。

◆地図を用意しよう!
ぜひ、地図を用意してください。ポケットサイズのもので充分ですが、近所の施設が大まかにわかるような地図が望ましいです。
散歩実行前にはそれをながめて(これだけでも楽しいのですが)、大体の目的地を決めます。
また、散歩のときにも、最初はなるべく持ち歩きましょう。道に迷ったときに、誰もがわかりやすい帰り道を示してくれるとは限りません。筆者は、おじいさんに話しかけたら関係ない世間話で盛り上がってしまい、結局、道を聞けなかったことがあります。


◆散歩がてら確認するもの
・公共のもの:交番、市役所、郵便局、公園など
一人暮らしをすると、公共機関に触れる機会がぐんと増えます。
交番は何かあったときに駆け込めるように、また公園は、地震など「災害があったときの避難所」という観点でもチェックしておきましょう。
お役所は見落としがちですね。たまに出向くことがあるかもしれませんので、いちおう確認しておきましょう。地域の市民活動などのパンフレットもあって、意外に面白いところですよ。

・病院、クリニックなど
病院は確認しておかないと、いざというときに苦労します!
内科・外科・歯科・耳鼻科など、できるだけ多くのジャンルを確認しておいてください。どんな雰囲気のクリニックであるか、少しのぞいてみてもいいでしょう。
とくに、日曜診療をしているクリニックは重要です。ぜひ覚えておきましょう。

・商業施設:スーパー、コンビニ、ドラッグストア、本屋、ホームセンターなど
慣れない土地での一人暮らしは、生活に必要なものはもちろんのこと、とてもハンパな買い物が意外に苦労します。たとえば「掃除機の交換パック」「浴槽のゴム栓」などです。
これらの小物を求めて、販売店を回るのはとても空しいことです。下手をしたら半日、ゴム栓を探しまわっているという事態になりかねません。
目的のものを売っているお店がすぐに浮かぶよう、ぜひ買い物の精度を高めてください。

・金融機関:各種銀行、郵便局、ATMなど
銀行やATMは、自分がつかっている銀行だけでなく、他の銀行、たとえば家賃の振込先口座がある銀行などもチェックしておきましょう。手数料の削減になります。

・ゴミ捨て場所
アパートやマンションのゴミ捨て場はもちろんなのですが、地域によってはリサイクルポストがあちこちに点在していることがあります。
ペットボトルや牛乳パック、びん、電池などのリサイクルポストを把握し、環境にやさしい一人暮らしを目指しましょう。

・その他、地名など
自分が一人暮らしする地域の、地名や道路名を、大体でいいので把握しておきましょう。
市区町村は言うまでもなく、近所周辺についてはそれ以下の地名=「△△区○○1丁目」などの「○○」の部分、自宅近くの大通りの交差点名なども知っておくと無難です。
これはとくに緊急事態があったときに大切で、事故を見かけたときなど、通報をスムーズにできるかどうかで、その後の行方が左右されることも考えられます。
なんとなくで構いませんので、引越して最初のうちは、電柱にある住所表示などをチェックする癖をつけ、土地勘を養いましょう。

☆一人暮らし・ワンポイントアドバイス(11)自転車の防犯対策
ほとんどの一人暮らしにおいて、いうまでもなく自転車は素晴らしい乗り物です。とくにママチャリと呼ばれる、前にカゴがついたタイプのものは手放せない人も多いでしょう。
ただ、都会の生活では、自転車が盗まれることが頻繁にありますので、カギはしっかりしたものをつけておきましょう。高価な自転車ならなおさらです。なかには防犯対策として、サドルごと持ち歩く人もいます。
ママチャリでここまでする必要はありませんが、カギはしっかりかけておきましょう。自転車が盗まれると、金銭的にも精神的にも痛手を負います。

ページトップへ↑