パーティー編レシピ

パーティー編レシピ

TOPページ 一人暮らしのためのレシピ集 > パーティー編レシピ

 

パーティー編レシピ

普段はそっけない一人暮らしの部屋、友達が集まったときに楽しいレシピです!
皆で食べると、やっぱりおいしいですよね。

◆よせ鍋
たとえ一人暮らしでも、土鍋とカセットコンロがあるととっても便利です。友達がきたときに鍋パーティーができるほか、普段でも一人鍋につかえます。
☆材料
鶏肉、魚の切り身、魚のすり身、白菜、にんじん、しいたけなどのキノコ類、ねぎ、春菊などの具材。よせ鍋のつゆ。水。
☆作り方
(1)にんじんは火が通りづらいので、薄めに切っておきましょう。他の具材はザクザクと。
(2)魚のつみれは、既製品より自分で作ったほうがおいしいです。すり身に鶏がらスープの素や塩こしょうなどを加えて、よく練っておきましょう。
(3)全部の材料を土鍋に入れて、火が通るまで煮立たせましょう。
※他に、キムチ鍋・豆乳鍋などもおいしいですね。
とくにキムチ鍋はいろいろな具材が試しやすいです。薄切りもちや、とろけるチーズもおいしいですよ。


◆カムジャタン風・鍋
カムジャタンとは韓国料理で、つまり辛味噌ジャガイモ鍋です。辛いのですが、じゃがいもが入ることで辛味を和らげて、とても深い味になります。一度食べたらクセになりますよ! 一人暮らしレシピの鍋バリエーションとしてどうぞ。
☆材料(4から5人分)
≪具材≫じゃがいも:4個、スペアリブ(豚や鳥など):6?7本、長ねぎ:1本など。
≪具材の下味≫ゴマ油:少々、塩:少々、こしょう(できれば粗挽き):少々
≪たれ≫水:1L、コチュジャン:大さじ2、味噌:大さじ2、砂糖:大さじ1、酒:大さじ2、ガラスープの素:大さじ1、醤油:大さじ1、おろしにんにく:大さじ1くらい、おろししょうが:一かけ分、粉トウガラシ:小さじ1/2杯
☆作り方
(1)じゃがいもの皮をむき、半分に切って水にさらしておきます。長ねぎは鍋に入れるものとして乱切り、薬味として薄切りにしたものの両方を用意しましょう。
(2)スペアリブはフォークで穴をあけ、塩こしょうで下味をつけます。
(3)スペアリブの下ゆでをします。分量外の水をたっぷりはった鍋を沸騰させ、スペアリブを軽くゆでます。
(4)スペアリブの下焼きをします。フライパンにごま油をしき、ゆでたスペアリブに軽く焼き色をつけます。
(5)ボウルに水以外のたれ材料を入れ、混ぜ合わせます。
(6)鍋に水1Lをいれ、混ぜ合わせたたれを加え、スペアリブを入れて15分ほど煮込みます。
(7)じゃがいもや長ねぎを加えて、さらに25分ほど煮込んで完成です。
※好みによって粉トウガラシで辛さの調節をしましょう。白菜などを入れてもおいしいと思います。薬味としては、長ねぎのほかに大葉もオススメです。

◆手巻き寿司
手巻き寿司パーティーも楽しいですよ!一人暮らしではなかなか食べられないお刺身も、皆で出し合えば安く食べられますよね。
☆材料(6人分くらい)
≪酢飯≫米:3合、寿司酢:適量
≪ネタ≫のり:適量、卵(卵焼き用):3個くらい、きゅうり・かいわれ・大葉など:適量、刺身盛り合わせ:適量、シーチキン:一缶、マヨネーズ:適量、いくら:適量
☆作り方
(1)米を炊き、温かいうちに寿司酢をあえて酢飯を作ります。
(2)卵焼きを厚めに焼いて(砂糖を入れて甘くしてもいいですね)巻き、重しをのせて冷ましておきます。
(3)シーチキンとマヨネーズをあえて、ツナマヨをつくります。粗挽きこしょうをふってもおいしいです。
(4)刺身の盛り合わせパックは、それぞれ拍子型になるように切り揃えます。かいわれは根元をきり、大葉なども細切りにしましょう。
(5)それぞれの具材を大皿にのせ、酢飯とともにテーブルへ。各自にのりを配って、パーティーの開始です!
※焼肉をネタにしてもおいしいです。この場合は巻きやすいように、肉を細切りにしましょう。ピーマンなどと一緒に炒めてもいいですね。
また、他に納豆ネタや、明太子マヨネタなども考えられます。
一人暮らし仲間の、家庭の味を持ち寄りましょう!

ページトップへ↑