通信費を節約

通信費を節約

TOPページ 節約・倹約生活のコツ > 通信費を節約

 

通信費を節約

現代の一人暮らしでは、通信費用がどんどん高くなっているのが現状ではないでしょうか?
通信費を節約する方法を考えてみます。

◆基本はやっぱりクレジットカード払い!
おトクの基本は、やっぱりクレジットカード払いです。
携帯料金、固定電話料金、ネットのプロバイダ料金、これらをクレジットカード払いにすることでカードポイントが貯まります。
貯まったポイントは、もちろん割引やキャッシュバックに。

◆通信費ためのオススメ・クレジットカード!
通信で、NTTグループを利用している人に『NTTグループカード』がオススメです!
NTTグループとは、
・NTT東日本/西日本
・NTTドコモ
・OCN(インターネットプロバイダ)
などのことで、ポイントが貯まると、ポイント数に応じてこれらNTTグループの料金がキャッシュバックされるのです。その率、最高でなんと60%。
カードを使っているだけで、またNTTグループを利用しているだけで、この特典が受けられますので、一人暮らしの通信費に大いに助けになることでしょう。
NTTグループ内1社を利用しているだけでもキャッシュバック対象になります。


◆携帯電話代の節約!
携帯電話代の節約は、もっとも難しいところです。なぜなら、その人の使い方によって、また、その人の周囲の加入状況などによって変わってくるからです。
さらに、各携帯会社・各プランがじつに一長一短で、一人暮らしを始めて使い方が変わった場合など、逆に高くつくこともあります。
しかし、何かとお金のかかる一人暮らしでは、どうにかして節約したいですよね。
状況別に少し考えてみましょう。

【家族が同じ携帯会社に加入している場合】
この場合、家族割引などが使えますので、家族と同じ携帯会社をつかった方がいいかもしれません。しかも、加入歴が長いとさらに大幅な割引が効くことがあります。
このような事情で携帯会社を乗り換えることを考えていない場合、こまめにプラン変更や、登録サービス(マイメニュー登録など)の解除をすると、より携帯料金の節約になります。

【携帯コンテンツやインターネットをほとんど見ない場合】
携帯ではなく、ウィルコムなどのPHSに加入しても料金が安上がりです。通話は十分できますし、不便といえばiモードなどの携帯用コンテンツが利用できないこと、また、ネット接続が非常に重くなるので携帯端末からネットを見にくいこと、QRコードがほとんど使えないことなどです。
お友達や家族同士でウィルコムユーザーなら、ウィルコム間の通信が無料ですので、とてもおトクです!

【メールや携帯コンテンツなどを大量に閲覧する場合】
メールや携帯コンテンツ利用、携帯でのネット閲覧などを頻繁にする人は、思いきってパケット定額(パケホーダイなど)に加入してしまいましょう。
現代ではコンテンツが重くなる一方ですし、今後も軽くなるとは思えません。それなら、いっそ定額制のプランに加入してしまったほうがはるかにおトクです。
携帯会社によってはパケット定額プランが割高なこともありますが、家族割引など他の割引が充分に効いていれば、ネットもメールもし放題、という便利さを取ってもいいのではないでしょうか?

◆IP電話について
固定電話を、NTTなどの一般加入電話をやめてIP電話にするという手もあります。
IP電話とは、インターネットを使って音声をやりとりする電話のことです。そのため、インターネットに常時接続している環境が前提になります。
IP電話のメリット・デメリットを見てみましょう。

【メリット】
・基本通話料が安い
・通話料が全国一律(一般加入電話のように距離で高くならない)
・提携グループ内のIPフォン同士なら通話が無料、など。

【デメリット】
・そもそも、IP電話サービスに加入できない地域がある
・インターネットを常時接続している環境が必要
・場合によってかけられない電話番号がある場合も(※)
・今までの電話番号が変わってしまう場合も
・停電のときは電話がつかえない(一般加入電話は停電でもつかえる)(※)
・通話品質が悪いことがある、など。

(※).........この部分のデメリットについては、携帯電話を併用していれば多くのケースは解消できる、とされています。
また、他のデメリットも、今後改善されていくことでしょう。

ページトップへ↑